ニオイガメ

ミシシッピニオイガメカブトニオイガメヒメニオイガメの専門サイト

pickup【相互リンク募集中】

ミシシッピニオイガメ

ミシシッピニオイガメの特徴

【和名】

ミシシッピニオイガメ

【英名】

Common Musk Turtle

【学名】

Sternotherus odoratus

【甲長】

最大約15.0cm(雌)

ミシシッピニオイガメの特徴

ミシシッピニオイガメは、ニオイガメ属4種を代表する模式種。
その性格は、ニオイガメの中では温和といわれる。
学名のodoratusは“芳香”という意味がある。
臭いを発する防御行動の特徴に由来し「stinkpot」の別名もある。
甲羅は上から見ると、卵型に楕円形に盛り上がっている。
甲羅と体色は濃い灰色か暗褐色だが、成長とともに暗色化する。
頭部の側面に、黄色の2本の線があるのがミシシッピニオイガメの特徴。
背甲の後縁はギザギザにならず、幼体の甲羅には3本のキールある。
甲羅の3本のキールは、成長に伴い滑らかなドーム状になる。
他のニオイガメの特徴と同じく、下顎には2本の髭状の突起がある。
比較的メスの方が、オスより大型化する特徴がある。
他のニオイガメに比べると、この種のみ著しい巨頭化は起こらないとされる。

ミシシッピニオイガメの生息地

ミシシッピニオイガメの生息地は、アメリカ合衆国とカナダ。
アメリカ合衆国は、東部(メイン州からフロリダ州)から中部(ウィスコンシン州からテキサス州)。
カナダは、南東部(オンタリオ州とケベック州の南部)。
生息地の大半が温帯域から亜熱帯域。
水深50cmくらいの堆積物がある止水、または流れの緩やかな水場を好む。
基本的に夜行性で、日の出入時に活動的に動くが、飼育下では昼行性に慣れる。
野生下での寿命は、30年近くとも言われている。

ミシシッピニオイガメの個体群ごとの体色や特徴には差異があり、大きくは合衆国大西洋沿岸・フロリダ半島周辺・それ以外の3つの個体群に分かれる。
南方地域に生息する個体群は小型で濃い色に、北方地域に生息する個体群は大型で明るい色になる特徴があると言われている。
また南方地域の個体群は、1年を通じて活動し、日光浴はあまり好まない。
北方地域の個体群は冬眠をし、南方地方の個体群に比べると多少だが日光浴を好む。

ミシシッピニオイガメの生息地

生息地の大半が温帯域から亜熱帯域。
オンタリオ州とケベック州の南部、メイン州とフロリダ州からウィスコンシン州、テキサス州にかけて生息。

ヒメニオイガメ ニオイガメの飼育にお勧め!
あまり本屋に置いてないので是非どうぞ。送料無料です♪

カメ飼育ノート カメ飼育ノート-水棲ガメの生態、飼育、繁殖

水棲ガメの情報をまとめた飼育書
季節ごとの管理まで詳しく解説
人気の水棲ガメのカタログも掲載。

世界のカメ類 世界のカメ類-約300種のカメの図鑑

約300種を掲載したカメの図鑑♪
カメの形態・生態の特徴のほか、
飼育方法や食性・繁殖術も記載。

このサイトの全ての文章・画像などの無断使用を禁止します。
Copyright © "mk farm" All Rights Reserved.
https://muskturtle.webtopics.net/